ディズニーマジックキングダム特典&キャンペーン情報

2012年09月25日

いい音で車内でリラックス♪

レビューブログからお知らせをいただきましたブログで口コミプロモーションならレビューブログ

音楽を車内で聴こうと思ったら、雑音がひどくて、家で聴いていた音と違うなと思ったことはありませんか?
私はよくあるので、聴く音楽が絢香、ゆず、コブクロやMr.Childrenなど透き通る伸びのある声の歌手だったり、B'zのようにギターのイントロも格好いい音楽だと、特に気になりますね。
最近は、その他にも海外の音楽も聴くことが多く、英語になると完全に音と一体化して聴こえるので、更に気になりますふらふら
カーナビの妙な案内の音声を聞くと、ここから流れる音楽だから仕方がないかなと諦めていました。

でも、諦めないでよいカーナビを見つけましたるんるん
それが、オーディオナビ「DIATONE SOUND.NAVI」です。
三菱電機 CLUB DIATONE

このDIATONE は「ダイヤトーン」と呼びます。
特にすごいなと思ったのが、その音質の追求度合いです。

まず、車の形が「軽自動車・コンパクト」「セダン」「ワゴン」「SUV」「1BOX」のいずれかを選択することで、スピーカーから出た音の乱れを軽減することが出来ちゃうんですね目

次に、イコライザー設定による、ポップス、ロック、ジャズ、カスタム等、よく聴く音楽に応じて最適な音質を設定することも出来るんです。自分のお気に入りの音質を追求するのも楽しそうですね。

さらに、驚いたのは「マルチウェイ・タイムアライメント機能」。
タイムアライメントとは、車内で言うところの「音が耳に到達する時間を整える」ことだそうです。
イヤホンで音楽を聴いたり、映画を見ていると、右側や左側を区別した音が聴こえてくることがありますよね。低音が調度良く聴こえてきたり、区別しているからこそ溢れてくる臨場感は良いですよね。
でも、車内で聞いていたらそんなことはありませんでした。それが、ダイヤトーンだと最大4通りの道筋に適切な音を届けてくれるように設定をすることが可能だそうです。
映画のあの臨場感が味わえるなら、音楽を聴くだけでまるでライブにいるような臨場感が味わえて、会話やテンションが盛り上がること間違いなしですね!

音を追求したカーオーディオとしての役割はもちろんですが、カーナビとしての機能ももちろん充実しています。
私が良いなと思ったのは、シンプルマップで交差点の信号名が大きく表示されること。
パッとカーナビの画面を見ただけでは、大まかな道路の形などが分かるものの、前方のどちらの信号で曲がるのかわかりにくいことがあります。
それが、信号のアイコンが大きく表示され、その隣に名前が大きく表示されることで、「幾つ目の信号を右」という情報のほかにも「信号名」の情報も合わせて曲がることができるんですね。

さらに、初心者の方や、高速道路で長時間走ることが多い方にこそ良いなと感じた機能が、「レーンアシスト機能」。
高速道路を走行中、車両が走行レーンからはみ出すと、レーンからはみ出した度合いに応じて警告音が鳴るそうです。これでうっかり居眠り運転をして事故を起こしてしまうことがなさそうで良いですね。
posted by tekketeke at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294039466

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。